転職時に面接の結果の電話待ちの場合

転職,面接,結果,電話

転職を考え面接をして結果の電話を待っている状態とは、面接してくれた企業から、何月何日までに連絡します。と言われて合否の連絡を待っている状態だと思います。面接に合格しても不合格だったにしてもこの期間に連絡があれば問題ないのですが、問題は企業側から連絡が無かった場合の対応です。恐らくは企業側から「電話連絡します」と言われた手前、こちらから連絡していいものかどうか悩むと思います。連絡すると言っているのにこちらから連絡するのは採用担当者に印象を悪化させたりしないだろうかと考えがちですが、焦っても仕方ありません応募者が多かったりすると当初の予定どうりには行かずに更に選考に時間が掛かったりします。しかし求職者の方もまだ在職中だったりすると早めの対応が求められるので、結果はなるべく早く知りたいでしょうし転職を考え求職中なら次に応募したい企業が現れるかも知れません。しかし選考には1週間から10日位掛かり応募者が多ければ更に掛かってしまいます。もし期日が過ぎても連絡がなくて待てない状況ならこちらから連絡しても全く問題ありませんしそれによって採用担当者の心象を害することもありません。待てる状況なら後1週間待ってから連絡を取るようにすると良いでしょう。 412

転職の関門、面接前日には何をしておくべきか

転職,面接,結果,電話

転職活動において書類審査をパスし、面接を案内する通知を受け取ったとします。この段階で企業は、あなたのことを採用する意志がおおいにある、ということになります。転職活動において採用側がポイントとする最大の焦点は、即戦力であることです。そのためこのような通知を受けたのなら、その企業が要求する技術や経験、専門知識が十分にあると認められたことになるのです。 さて面接当日までには何をしておくのが良いでしょうか。いざ面接を済ませてしまえば、何も心配することはなかったかな、という感慨を持つことが多いのですが、できることは最大限しておくべきです。まずすでに行った業界研究・企業研究を復習しておきましょう。それから新聞をチェックしておきます。社会人として関心を持っておくべき事象について、自分なりに分析して意見が述べられることが必要です。ただし政治色や宗教色が過度に現れるとそれを嫌う企業も存在しますので、そのあたりは穏当に表現できるようにすべきです。可能であれば業界紙や専門誌にも目を通し、応募先の企業の話題の有無もチェックしておきます。最後に想定される定番の質問に隙がなく答えられるように準備しておきましょう。例えば志望理由などはその最たるものです。 これらのポイントを、前日には軽く整理しておきます。そして質問や答のやり取りをイメージしながら、その結論があなたの円満な性格や協調性のある長所に結びつくような話になるように考えておきます。ここまでできたら後はリラックスして早めに就寝するのが一番です。 413